TEL

発脳療育とは?

このようなお悩みありませんか?

TODAYの運動療法の魅力

1.巨大トランポリンによる体感強化
2.レイティ博士監修のスパーク療育

TODAY発脳療育

遅動療育

運動すると、セロトニン、ノルアドレナリン、ドパミンなどの物質が分泌され、思考や感情に関わる重要な神経伝達物質が増えます。
ただの運動ではなく、子どもたちが自分の意志で「遊びたい!」「楽しい ! !」「動きたい!!」と思い、身体を動かすことによってより強い効果が得られます。

トップへ戻る